2017年12月03日

ホロスコープから観る貴乃花親方のほんとうのところ

☆相撲に開眼した私

私は相撲ファンです。
先日の九州場所もがぶり寄りで(あ違う)、
テレビの前で「かぶりついて」観戦していました。
やはり白鳳が強かったけれど、
若手の阿武咲の相手にまっすぐに向かって行く姿勢が、清々しかった。
年季の入った嘉風の取り組みの巧さにも、ただただ唸るのみでした。

☆相撲は神事

お相撲の発祥は『古事記』にあり、五穀豊穣を祈願する神事でした。
お相撲取りさんは神の依り代であり、
四股を踏んで大地の邪悪な霊を踏み鎮め、春先の大地を目ざめさせて豊作を祈願します。

あの回しのひらひらも実はしめ縄なのよ。
とすると相撲取りの体は「ご神体」ともいえるでしょう。

☆日馬富士関の引退

貴ノ岩の暴行問題で横綱日馬富士が引退しました。
私は日馬富士よりも貴ノ岩よりも、貴乃花親方にとても興味を持ちました。
でも被害者である貴ノ岩関は出てこず、貴乃花親方が全面に出ているのですよね。
そして何もしゃべらない。
傷害事件として鳥取県警が捜査中こともあるけど。

モンゴル人の相撲取りに対して思うところがあるのかしら?
日本相撲協会に対する反発があるのかしら?

私は、そんなに日本の相撲の現状や相撲協会のことには詳しくはないのだけど、
何か不可思議なものを感じたので、貴乃花親方のホロスコープから
彼がどのようなことを考えているのか?観てみたいと思いました。

☆孤高の獅子

貴乃花親方は1972年8月12日、東京生まれ。
太陽星座はしし座。
正義感が強く、人の上に立って指揮指導する逸材。
火の星座に5つ惑星があり、かなりの熱血漢であることがわかります。
反対に水の星座には1つしか惑星がなく、少し情緒に乏しいかもしれません。
これを見ると、不正義や慣れ合いなどを許さない
まっすぐで真っ正直な人であることがわかります。

月は多分おとめ座。分析能力。
批判精神が旺盛で、融通性はあまりないかもしれません。
適当にやるとか、人に流されるということはないでしょう。

知性の星水星ももちろんしし座。天王星とトラインであるため
ひとりでよく考え、行動を決定する人であることがわかります。

運動神経、行動力を示す火星ももちろんしし座。
これがいて座の木星とトライン。素晴らしい。
ライオンのように気高く、相撲界に君臨することが読み取れます。

愛情の星金星はかに座。
家庭的で保護者的な精神が横溢。さぞかしや弟子(もちろん貴ノ岩も含む)をかわいがる
父親的な親方であろうと推察されます。
それが月や冥王星とセクステルであるも(なんか文語調だわ)
木星とオポジションであるため、愛憎が極端になりがちかもしれません。
愛が強いほど憎しみも強くなる。
不誠実であることは許さない人かもしれません。

彼は今45歳であり、木星時代を生きる大運に入りました。
これが先ほどの金星と対峙していますから、
かなりの覚悟でこの事件に取り組んでいることがわかります。

彼は今「相撲道」に取り組んでいるのです。
付和雷同しない孤高の精神の持ち主である獅子の姿が見えます。

きっと貴乃花親方は、今の相撲の現状に「不誠実」なものを見て取っているのだと思います。
それに対して断固として戦うことが、ホロスコープから読み取れます。


私は相撲の一ファンとして、
貴乃花親方や相撲協会、
活躍著しいモンゴル人力士ともども、
弥栄の相撲界を築いていってくれることを、切に、期待します。


そう、平和に土俵上の一騎打ちが見られるのを、常に願っています。



posted by mfヒロコ at 17:15 | Comment(1) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

復活を期待したい錦織圭選手

鑑定は水、木、土、日の午後1~5時まで。

☆再起をかけるテニスプレーヤー

世界を駆けまわる錦織選手は、去年8月14日に右手首を負傷しました。
バキっと何かが折れるような音がしたそうです。
その後にテニスの全試合を欠場しています。

でも、先日のニュースで
「復帰後は以前のようにマスターズ(大会)やグランドスラム(四大大会)の
優勝をめざしたい」との力強い発言を聞きました。

私も彼のプレーは大好き。
体はついていけないけど、心が彼と一緒に駆け回る。
彼のプレーを見ていると、どんなに元気づけられることか。

以前、錦織選手のホロスコープを見ましたが、
http://mfhiroko.seesaa.net/article/412811753.html?1511851134
きっとファンの皆様も心配していらっしゃるのではないかしら、
と思い、怪我の様子や今後の活躍などをトランジットで占ってみたいと思います。

トランジットというのは現在お空を運行中の星回りのこと」
それとネイタル(生まれた時のホロスコープのこと)とを比較して
その年、その時の「運勢」を占う方法です。

☆キースターは木星

もう一度、バース・チャートを見てみます。
やぎ座は膝とか骨が体に対応する部分となっています。
肘や手首も大事にしなくてはいけない部位です。
もちろん、最大限に注意ははらって来ていらっしゃると思います。

ああ、そうでした、すべての惑星が木星と対峙している。
やはり、キーとなる惑星は木星でしょう。

8月14日のトランジットを見てみても、
彼の火星・土星(つまり怪我を表す星)とはこれといったアスペクトが見られないため、
この故障は以前から続いていた状態だったのかもしれません。

星回りを見ると、10月の20日ごろまで、再起ができるのかどうか
不安な続いていたのではないかしら?(つまり悪い状態)。
錦織選手もどんなにか落ち込み元気をなくしていたことでしょう。

でも、10月の後半から太陽のアスペクトが良くなっています。
また11月5日ぐらいから、木星が本調子を取り戻す角度となっています。
彼の冥王星(究極のパワー)とトランジットの木星(ラッキースター)が
合となるのが、2018年の1月1日からとなっています。


やっと再起が果たせる!


しかししかし、やぎ座に星が密集しているため、1月は手慣らし。
でも、何かしらの大会には出た方がいいかもしれません。
2月後半から、本調子を取り戻せそうです。
「リオ・オープン」「BNPパリバ・オープン」の試合ぐらいから
がんばって欲しいところ。

☆星が伝えること

手術に関してはネイタルの火星と土星の角度が良いため、
外国で最新の設備と環境が整ったところで、
東洋医学などに造詣と理解の深い医師の手で行うなら
「結果は良好」出ています。

実はやぎ座の方は臆病なところがあります。
石橋を叩いて渡るのではなく、叩いて叩いて渡る、
ひょっとして叩き壊してしまう人もいます。
でもだからこそ、刻苦勉励して成果を上げるのです。

やぎ座に星が6つも密集しているため、冷えには注意が必要です。
体全体を温めること、岩盤浴、砂風呂なんかもいいかもしれません。
現実主義の星が多いため、イメージトレーニングは欠かせないと思います。

かに座(家族・家庭)の木星を活かすなら、
カモミール、クラリセージ、ジャスミンのエッセンシャルオイルをつける。
オーラフィールドを強化します。
シルバー、プラチナ、銀を身に着けると勝負運がつきます。
ムーンストーン、真珠などの宝石は母のイメージとして
体を保護し温めてくれます。
ラッキーナンバーは2です。2月とか。2番とか。
ラッキーな食材は魚介類、卵類、白いもの、乳製品です。親子丼などいいかも。

☆きっと復活する

今日配信の日刊スポーツの記事でも、怪我についてのインタビューで
「(逆に)上に上がっていくのが楽しみ。あまり過去を見ないでポジティブに行きたい」
との発言がありました。
慎重に細心の注意を払って準備をしているところだと思います。
きっと全国の方たちが復帰するのを心待ちにしていらっしゃると思います。
かに座のアセンダントを持つ私も、応援していますよーーー。(←母的)


posted by mfヒロコ at 17:10 | Comment(2) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

今日11月18日(土)はお休みします

鑑定は水、木、土、日の午後1~5時まで。

今日11月18日(土)は用事のため、お休みします。
皆さん、
急に寒くなりましたので、風邪にお気をつけ下さいね。


posted by mfヒロコ at 08:39 | Comment(2) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする