2017年05月28日

フラ筋を痛める

鑑定は水、木、土、日の午後1〜5時まで。

☆久しぶりに思いっきり踊ってしまった

フラダンスを始めてそろそろ8年ぐらいになるかしら。
それなのに、めっちゃへたくそな私です。

フラダンスは2つに大きく分かれます。
それはアウアナ(現代フラ)とカヒコ(古典フラ)です。
皆さんがよくご存じの笑顔で、時にドレスを着て優雅に踊るのがアウアナです。
もう一つ、そのフラの原点にあるカヒコがあります。
カヒコは、神に捧げる神聖な踊りで、時に原始的な激しい表現をすることがあります。

私は元々フラダンスを始めたのはカヒコがやりたかったからです。
なんか見ているとその踊りに魅きつけられ入り込んでしまい、
ひょっとしたら私、昔こういう踊りをやっていたのではないか
という「郷愁」のようなものも感じたからです。

自然と一体化し、風になり海になり、雨になり虹になり、木になり滝になり、
まるで天と地を結ぶ「ミディアム(霊媒)」になったような感覚です。

そうそうフラは裸足で踊りますが、これは大地のエネルギーを足裏から吸収している、
のと同時に、天のエネルギーを地上に帰しているともいえるでしょう。
だから歩くことやジョギングが体にいいのは、運動していい汗をかくというのもありますが、
日ごろ溜め込んでいた疲れやストレスというエネルギーを大地にアースする、
と同時に、大地のエネルギーを頂いて健康になる、ということもあるのではないかしら。

☆カヒコの難しさ

いつもより重心を一層落し腰を低くして大地に近づいて踊ります。
それがとっても大変なのです。今回は歌も歌いながら踊ります。
ブログ「フラ筋を鍛える」→
http://mfhiroko.seesaa.net/article/225120142.html?1495908607

ふだんならふらふらと適当に力を抜いて踊るのですが、
先日はつい思いっきりフラ筋を使って、ローリング(座って上半身を大きく回す)してしまいました。
これを何度も何度も。



そしたら、腿の前の筋肉が痛くて痛くて、レッスンの帰りは
駅の階段を降りる時、手すりをもって傘を杖代りに一歩ずつゆっくりゆっくりと
降りることしかできず、今も椅子から立ち上がるのもやっとです。

で、こういう時、私は自分の「心の宇宙」に「今、私に必要な言葉は?」と訊ねてみます。
ブログ「言葉をつぶやくリラックス法」→
http://mfhiroko.seesaa.net/article/403427591.html?1495910346

そうしたら、「リラックスし、癒され、浄化され、活性化される」という言葉が聞こえてきました。
何だか、痛むフラ筋に効きそうでしょ?
これを、何度も何度もつぶやいてその言葉の海に浸ってみます。
うん、とても気持ちがいい。
これで、少しは痛みが早く治るかしら。

6月11日も代官山のカフェで踊りを「要請」されているのです。
こちらの方はアウアナです。痛みで「笑顔」ができないのは困っちゃう。
しかし、思いっきりがんばった私にエールを送ろう。

スポンサードリンク




posted by mfヒロコ at 03:43 | Comment(2) | フラダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヒロコ先生私がヒロコ先生に良く頑張ったねとエールをおくります。本当に続けていてえらいなぁって思います。きっと前世も踊っていたのだと思います。応援してますね。
Posted by ムサシママ at 2017年05月28日 12:43
応援ありがとうございます。
きっとどこかで「踊っていた」前世もあるのだと思います。
Posted by ムーン・フェアリー・ヒロコ at 2017年05月28日 14:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: