2011年02月28日

「一瞬で人の心を読むヒント」講座のご案内


★4〜6月の第4日曜日に「銀座おとな塾」 で
「一瞬で人の心を読むヒント」講座を開催(終了しました)。



4月は新入学、新就職のシーズンで環境が変わる人も多いと思います。
そんな時気になるのが人間関係です。
そんなフレッシュマンに向けて、人の心を「相(外見)」から読む方法を伝授します。
また、人の心がわかることで自分の感受性を高め、
自分自身がパワースポットになる方法をお教えしたいと思います。
あなたが輝くためのパワースポットは、実は身近にあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

講座名:「一瞬で人の心を読むヒント
     〜人を魅きつけあなたがパワースポットになる方法〜」
とき:4月〜6月の第4日曜の午前10:30〜12:00
   4月24日、5月22日、6月26日の全3回。
ところ:銀座おとな塾
会費:受講料3回分9450円
   テキスト代1365円『一瞬で人の心を読むヒント』こう書房
持ち物:筆記用具、テキスト

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お問い合わせ・お申し込みは
銀座おとな塾まで。
電話 03−5250−0719
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この講座は、こういう方にお勧めします。

1.まるごと人の相を学びたい方
2.パワースポットに興味がある方
3.人間関係を良くして、人生をより豊かに生きて行きたい方
4.人と接する仕事(サービス業、カウンセリング業など)に活かしたい方
5.そして何より、生活を豊かに充実させたい方。


(学べる内容)
・この講座は人相(顔相)・手相という枠にとらわれずに、
まるごと「人」の「相」を学ぶことができます。
・会った瞬間に、相手の心が理解できます。
・人の心を知ることで、感覚を研ぎ澄まし、感受性を高め、
情緒豊かな人間になれます。
・なりたい自分になれることで、自分に自信がつきます。
 
(主な内容)
 @4月:トップ(頭部)の見方、パワースポットとは?
 A5月:ミドル(胴体部)見方、身近なパワースポットを探す
 B6月:ベース(脚部)の見方、あなた自身がパワースポットになる方法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆1回ごとの受講も可能です。

スポット受講料 3780円(1回)
ビジタースポット受講料 4200円(1回)
詳細は銀座おとな塾(03−5250−0719)へお問い合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆さんとお目にかかるのを楽しみにしています。

ムーン・フェアリー・ヒロコ

【講師プロフィール】 
・西洋占術研究家。整体初段。京都出身、音大ピアノ科卒。
 平成13年 日本占星学会正統占星術特別奨励賞受賞
・愛・癒し・赦しがライフテーマ。
・占い歴20年。出会った人は1万3000人を超え、その明るく親しみやすい人柄を慕うファンも多い。
・生来シャイな性格ゆえ、人の「相」を見る術に長ける。
・占星術、タロット、相術などを駆使してのわかりやすく的確な占いには定評がある。
・生活に根差した「都会に生きる魔女」というスタンスで、占いの楽しさを伝えることがミッション。
・「日本と日本人を元気にしたい」との願いのもとに日々鑑定・執筆を行っている。
・現在『銀座・おとな塾』にて「アロマ占星術」講座開催。
・著書、マスコミ取材多数。
・ツイッターにて「占い師の占い師らしくない日常」などもつぶやき中。http://twitter.com.mfhiroko

【ヒロコからのメッセージ】
私は幼少のころから自然、植物、動物が大好きでした。
生来、気が小さく人見知りをする性格で、他人が何を感じ考えているか
それをぱっと見て知ることができるようになりました。
自然の中で一人過ごすことが多く、山や海と対話をしながらその「パワー」を
感じ取ることができました。
また、整体の学びを通じて、人の「思い」を察する能力を得ました。

パワースポットへ行ってその栄気を頂くことはできます。
人のパワーを得て、元気になることもできます。

でも、できたら、「あなた自身」がパワースポットになって
この世の中を明るく照らしませんか?


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

問い合わせ先
銀座おとな塾 SANKEI GAKUEN
TEL 03(5250)0719
住所 中央区銀座2ノ5ノ4、ファサード銀座5階
http://www.ginza010719.jp




スポンサードリンク




posted by mfヒロコ at 09:06 | Comment(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: