2018年02月22日

「そだねー」女子カーリングは楽しい

鑑定は水、木、土、日の午後1〜5時まで。
今日2月22日(木)は用事でお休みします。
2月24日(土)は午後4時から鑑定をします。

☆準決勝に進んだ女子カーリング

平昌という寒いところでがんばっているオリンピック選手の
手に汗を握る熱戦が、今、繰り広げられています。

今回、注目しているのが日本の女子カーリング。
割りとルールもわかりやすく、ゆったりと時が進む感じが好きで、
結構ハマッています。

出場している日本女子選手は、みんなほんとにカワイイ女の子たちですね。
おやつタイムも楽しそうだし、みんなで「会話」をしながらゲームを進めるのが
これまた日本の女子高の「ノリ」のような感じで、
ヒロコおばさんもテレビ脇で「にたにた」しながら観戦をしています。

「そだねー」って何べんも聞こえます。

でも、試合に対する集中力とパワーはすごいものがあります。
ぜひ、準決勝もがんばって欲しいですね。

☆オリンピックは木星

ちなみにオリンピックは、占星術では「木星」が対応します(めずらしく断言)。
なぜならオリンピック競技は元々、全能の神ゼウスを称える祭典(宗教行事)だったからです。
星座ならいて座。インターナショナルに活躍する星座。

射手座は「武器」である弓を持つ半人半馬ケイロンの姿。
でも、その探求心の矢は、銀河の中心に向けられています。
弓矢を「天上への飛翔」とすれば、人間の精神(人間性)が肉体を離れて、
高尚になることを示しています。
ぜひオリンピックが世界平和のために行われる祭典でありますように。
日本選手も外国人選手もがんばれ。


posted by mfヒロコ at 10:01 | Comment(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

永遠の少年葛西紀明選手のホロスコープ

鑑定は水、木、土、日の午後1〜5時まで。
今日2月10日(土)は用事のため、午後4時10分から鑑定を始めます。

☆レジェンドと言われた「少年」

昨日の平昌オリンピックの開会式で、元気よく旗を振ってくれましたね。
スキージャンプの葛西紀明選手。

今日の活躍も期待されるところです。
彼は1972円6月6日北海道生まれ(出生時間不明)

彼はふたご座生れです。
テレビなどで彼のことを紹介するときは必ず「45歳の」とか年齢を付け加えて言われます。
スキージャンプの現役選手としては「高齢」なのでしょうが、実際、
ふたご座の方は一生を通じて若々しく初々しい肉体と精神の持ち主が多いです。
彼らは、いつまでも子供のころの夢を忘れない「永遠の少年」です。

うむ、めずらしい。不動サインに1つも星がありません。
10の惑星を活動、不動、柔軟と活動のパターンを分けて、
その人を鑑定するする材料の1つとするのですが、ここに1つも在室していません。
これは、一定の場所に留まらず常に動き回る人のことを指します。

きっと彼は、じっと立ち止まってものを考えるというタイプではないかもしれません。
迷ったり悩んだときこそ、動き回りその中で答えを発見する人だと思います。

ふたご座太陽水星土星の集合体に天王星がトラインであるため、
飛翔することにおいては、抜群の適性があることがわかります。
ユーモアのある彼は一見「軽」そうに見えるかもしれませんが、非常に努力家でまじめです。


気配りの達人で、相手のことをまず思って、自分の言動を決するところがあります。
しかし、書いたりしゃべったりすることが、自分のエネルギー調整につながります。


全体的にホロスコープを鳥瞰してみると、決してよいアスペクトばかりではありません。
金星と木星のオポジションからは、情深いがゆえに、それが哀しみを伴った結果になるであるとか、
火星と天王星のスクエアからは、障害や故障に見舞わやすいことなどが示されています。

あぁ、月のサインがはっきりすればよいのだけど
(うお座とおひつじ座のどちらも考えられます。あえてどちらもあると考えると)、
非常に家族愛に満ちた、日本愛に満ちた方であることがわかります。

今の時期の天体配置は彼を応援してくれるものとなっています。
星も追い風のエネルギーとなり、
彼をより強く高く舞い上がらせてくれることを期待します。


posted by mfヒロコ at 05:55 | Comment(0) | 占い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする